_
ホーム > 三紙会 > 活動報告
三紙会
活動報告(平成23年 11月度)
日 付 平成23年11月28日(月) 回 数 第8回
時 間 15時00分~17時00分 報告者 三枝 裕昭
場 所 関東商組 会議室 出席者
活動内容
【10月度 裾物主要三品仕入実績】
_ 前月比 前年比
段ボール 102.4% 100.0%
新 聞 99.8% 96.4%
雑 誌 102.8% 100.6%

【ブロック別仕入平均単価】
各地区発表

【パルプ市況報告】
 10月積み対日価格はNBKP、LBKP共に前月比ダウン。
 製紙用パルプ価格の指標となる北米産NBKPの10月積み対日価格は
前月比$50ダウンの$820で決着。当初、前月と同値予定であったが
市況の軟化を受け急遽下方修正への方向転換となった。

【上物市況報告】
 板紙除く製紙業界は洋紙、特更及び家庭紙いずれも低迷する需要に対し
供給面でやや過剰状態に陥り需給バランスを保持できない厳しい
局面にあり、特に印刷用紙は需給改善を内需に頼っている間は
歯止めがきかず輸出量の増加がない限り人口減少と共にこの傾向は続く
と思われ、家庭紙は生産調整等の在庫圧縮策がほぼ不発に終わり
効果得られぬまま操業する悪循環に陥っている。
 産業古紙の発生状況からみると、余剰は無いものの輸出価格下落を受け
オフィス系古紙の国内回帰で西から弱含みになる可能性は否定できず
静岡地区への波及も同様、パルプ代替古紙は予断を許さない状況が
継続する。

以上

過去の三紙会活動報告ページへ戻る

_