_
ホーム > 三紙会 > 活動報告
三紙会
活動報告(平成23年 3月度)
日 付 平成23年3月28日(月) 回 数 第12回
時 間 10時00分~12時00分 報告者 佐久間 明錫
場 所 関東商組 会議室 出席者
活動内容
1.2月度 裾物主要三品仕入実績
_ 前月比 前年比
段ボール 96.5% 98.1%
新 聞 98.6% 95.6%
雑 誌 93.2% 100.1%
3月11日の東日本大地震後、物品の買占めによる一時的な発生は
見受けられたものの、品不足による発生減が見受けられる。
福島原子力発電所の放射能漏れの影響から、関東商組においても
4月の輸出出荷を中止することとなった。

[上白]
3月11日発生した東日本巨大地震より、東北地方、北関東地方の
製紙会社は操業が出来ない程の被害を受けた。その為、工場によっては
フル操業になっているが、こちらは計画停電の為、思うように
操業が出来ないのが現状である。原料は以前、代替えのタイプ
釜入模造とパルプで対応している。

[中白(特白)白アート]
上白同様。白アートは、板紙見当の代替えでも使用している。
地震の影響で発生数量が減少するとの予想の為、これからの
原料確保に苦慮するとの予想である。

[板紙上見当]
東日本巨大地震より、東北地方、北関東地方の製紙会社は、操業が
出来ない程の被害を受けた。その為、工場によっては、フル操業に
なっているが、こちらは計画停電の影響にて思うように操業が
出来ないのが現状である。印刷会社にも製品が入って来ない。
原料の発生も減少する為、今後の原料確保に苦慮するとの予想である。

[板紙色上]
板紙上見当と同様。上物の中では、一番厳しい状況である。
東日本巨大地震の影響にて使用する製紙会社が停止している為
在庫をして行く方向になる。今後の見通しは、付かない。

[切付]
東日本巨大地震の影響にて、週刊誌の合併号が相次いだ為
発生は減少した。

[家庭紙見当]
にて製品の流れが変わっている。工場によってはフル操業に
なっているが、こちらは、計画停電の為、思うように操業が
出来ないのが現状である。4月の組合輸出がない為、雑誌より
選別して家庭紙原料が増えるとの声も出て来ている。

【財務委員会】
裾物三品の季節変動係数

【その他】
三紙会として、今回の東日本大地震の被災者に義援金を送ることが
提案され満場一致で承認された。後日役員会で正式決定される。

以上

過去の三紙会活動報告ページへ戻る

_