_
ホーム > 三紙会 > 活動報告
三紙会
活動報告(平成23年 2月度)
日 付 平成23年2月28日(月) 回 数 第11回
時 間 15時00分~17時00分 報告者 新井 英樹
場 所 関東商組 会議室 出席者
活動内容
1.1月度 裾物主要三品仕入実績
_ 前月比 前年比
段ボール 79.6% 97.3%
新 聞 81.5% 95.9%
雑 誌 80.1% 97.0%
依然、3品ともに発生は低調。
輸出価格の影響からか、抜き去りの増加、仕入価格も高騰している。

○上物古紙市況報告
全てにおいて、発生は低調。発生以外の個々の状況は次の通り。
[上白]
 依然、洋紙物が動かず集まらない。
 代替えのタイプ、釜入模造も同様。
 製紙会社はパルプを使用している。
[中白(特白)・白アート]
 上白同様に発生が少なく集まらない。
 白アートは板紙上見当の代替えでも使用しているので
 原料確保に苦慮している。
[板紙上見当]
 上白同様に発生が少なく集まらない。
 今後の白板の生産の使用に足りないとの予想の為
 原料確保に苦慮うしている。
[板紙色上]
 洋紙物が動かないので発生が少なく集まらない。
 家庭紙、輸出物の雑誌に、更に流れると予想。
 上物の中では一番厳しい状況である。
[切付]
 製紙会社の使用も変わらないのでバランスは取れている。
[家庭紙]
 製紙会社によって、製品在庫のバラつきがある。
 その為、製品価格の値上げを打ち出しているが、現状は厳しい
 との声が出ている。当面は、製品価格の動向による操業になる。

○パルプ市況
1月積対日価格は、NBKPは上昇、LBKPは変動なし。
製紙用パパルプ価格の指標となる北米産NBKPの1月積対日価格は
前月比$10アップの$870で決着し、2カ月連続となる値上げである。
一方、LBKPの1月積対日価格は、前月比変動なしで、ユーカリパルプ
南部産LBKPは$740-750。3ヶ月同値が続く。

○その他
・3月「新聞・チラシ重量調査」実施の依頼。
・次回幹事より、三紙会総会の案内。

以上

過去の三紙会活動報告ページへ戻る

_