_
ホーム > 三紙会 > 活動報告
三紙会
活動報告(平成22年 6月度)
日 付 平成22年6月22日(火) 回 数 第3回
時 間 15時00分~17時00分 報告者 高山 友生
場 所 関東製紙原料直納商工組合 会議室 出席者
活動内容
1.5月度 裾物主要三品仕入実績
_ 前月比 前年比
段ボール 96.5% 98.9%
新 聞 94.5% 99.0%
雑 誌 90.7% 99.0%
連休の影響もあり、前月・前年を含め100%を超える項目は無かった。
抜き取りも相変わらず無くならない。
今後、全体の発生量が減少していくなかで業界全体として
利益確保を考えていく時にきているのではないか。

【上物市況報告】
[上 白]
 発生は低調。在庫はランニングストック。
 パルプの高騰により若干使用が増えたが、工場によっては原料の
 品質トラブルが発生している為、やむを得ずパルプを使用している。

[中 白]
 発生は低調。在庫はタイト。中白(特白)の使用は、特に変わりなし。
 白アートは、板紙上見当の発生が少ないので代替えとして使用している。
 パルプの高騰により使用が増えている。引合いが強い。

[板紙上見当]
 発生は低調。在庫はタイト。
 原料価格は値上げ実施。白板の発生が通常通りになり
 工場によってはフル操業の為、原料確保に苦慮している。
 産業古紙の発生が少ないので、依然、引合いが強い。
 その為、代替としての上白、白アート、特白、格下げ上見当等を
 使用している。

[板紙色上]
 発生は低調。在庫はタイト。
 5月下旬より発生が極端に悪いので、原料確保に苦慮している。
 輸出価格の値下げにより、選別物が出て来ると期待したが
 意外と雑誌に流れている。
 工場によっては、原料確保の為、購入価格の値上げを実施した。

[切付]
 発生は低調。在庫はランニングストック。
 残本の発生が減少しているので原料が出て来ない。
 発生も低調な為、バランスが取れている。

[家庭紙見当]
 発生は低調。在庫は工場によってバラツキがある。
 なかなか製品が売れずに苦戦しているので工場によっては
 原料在庫のバラツキがある。
 輸出価格の値下げにより、選別物が出て来ると期待したが
 意外と雑誌に流れている。引続き製品の動向をみての操業になる。

以上

過去の三紙会活動報告ページへ戻る

_