_
ホーム > 三紙会 > 活動報告
三紙会
活動報告(平成22年 4月度)
日 付 平成22年4月27日(火) 回 数 第1回
時 間 15時00分~17時00分 報告者 佐久間 明錫
場 所 関東製紙原料直納商工組合 会議室 出席者
活動内容
1.3月度 裾物主要三品仕入実績
_ 前月比 前年比
段ボール 117.4% 101.9%
新 聞 117.5% 96.6%
雑 誌 132.1% 98.4%

段ボールは年度末のエコポイントの駆け込み需要もあり、若干伸びを
みせたが、新聞、雑誌は天候不順の影響から伸び悩んだ。
輸出は三品共に購入意欲は横這いから強含みで推移している。
国内メーカーは輸出古紙との価格差を是正するため4月から
新聞、雑誌の値上げを発表。

[上白]
発生は低調。
白板の生産は、新年度の為、若干好転した。
通年なら発生増の時期であるが産業古紙発生は少ない。
またパルプが高騰しているので引合いが強い。
代替のタイプ、釜入れも同様である。

[中白(特白)白アート]
発生は低調。白板の生産は新年度の為、若干好転した。
在庫もランニングストックである。
白アートも同様である。
パルプが高騰しているので引合いが強い。

[板紙上見当]
発生は低調。白板の生産は新年度の為、若干好転した。
代替えとして白アート、特白、格下げ上見当を以前使用している。
在庫はランニングストックである。
発生時期にも関らず少ない為、工場によっては在庫を確保しているが
原料確保との声はでている。

[板紙色上]
発生は低調。
産業古紙の発生が少ないので、在庫はタイト。
以前、チラシ、パンフレット物
が悪い。選別物が輸出雑誌に流れている。
4月に家庭紙原料購入価格の値上げ実施の為
各工場は原料確保に苦慮している。
現在のところ原料購入価格の値上げは検討中である。

[切付]
発生は低調。
残本の発生が減少しているので原料が出てこない。
4月より雑誌の原料購入価格が値上げ実施の為
各製紙会社は原料購入価格を値上げを実施した。

[家庭紙見当]
発生は低調。
4月より原料購入価格の値上げを実施。
理由は同月より新聞、雑誌の原料購入価格が値上げ実施したことで
原料確保に対応。
製品価格の値上げも難航しているので、各製紙会社は厳しい状況である。
当面は岳南排水路の時期まで製品の動向を見ての操業になる。

【研究委員会】
3月新聞チラシ重量調査の実施

【その他】
第25期三紙会収支報告書の報告。
三紙会の新しい組織図とブロック割、名簿表の配布。
三紙会会費納付の案内。

以上

過去の三紙会活動報告ページへ戻る

_