_
ホーム > 渉外広報・IT委員会 > 渉外活動
渉外広報・IT委員会
渉外活動

 「プラン」は休刊となりましたが、関資連との連携にお休みはありません。
 理事長の指名で提案した委員会の役回りとして、私と斎藤大介さんの2人が人集めしながら、本誌も取り上げました「東京オリンピック開催に向けてゴミゼロリサイクル」を考えます。
 すでに11回目になった「古紙屋のつぶやき。」では、各取材先の経営者の素顔を知ることができ好評です。
 また「ヤードREPORT」の企画が開始され、委員会のメンバー自社ヤードや視察先の紹介でスタートしています。(3回目)


機関誌「かんとう」より一部抜粋

古紙リサイクル円滑化のために
   古紙リサイクルを高度にかつ、円滑に進めるための必要事項をまとめました。

古紙流通環境情報交換会設立趣憲
   より充実した活動を目指して邁進する事を決意し、設立の趣旨と致します。

古紙持ち去り行為の違法性
   大原法律事務所の大原誠三郎 弁護士、服部弘 弁護士、石川浩司 弁護士の見解です。

_