_
ホーム > 安全防災委員会 > 啓蒙活動
安全防災委員会
啓蒙活動

安全防災委員会では、下記の活動を通して安全への啓蒙活動を行っています。

1 各種のセミナー

・安全衛生教育セミナー ステップ1
 教材ビデオを基に問題の検討・対策をグループ内でまとめ発表したり、簡単な作業の手順書をグループごとに作成・発表することで、安全について考えて頂きます。
・安全衛生教育セミナー ステップ2
 ステップ1の受講者を対象に、安全手帳を使用しヤードの安全管理についての講義を行うとともに、持ち寄った事故事例・ヒヤリハット体験を基に本音を大切にした対策を模索することで災害防止に役立てます。また、持ち寄った事故事例は、安全手帳やホームページの体験集として活用しています。
・防火・救命セミナー
 所轄消防署の協力を仰ぎ「救急車の呼び方、消火器の使用法、AEDを使用した救急蘇生法(人口呼吸)」を、消防隊員の方に実践指導して頂いています。

2 電子版 災害事例・ヒヤリハット体験集

安全衛生教育セミナーのステップ2にて、受講者の方々が持ち寄った各体験を10事例程度にまとめ、ホームページに掲載。ホームページからダウンロードし冊子を作成できるようにしています。

3 ベーラー作業安全対策会議

ベーラーメーカー各社をお招きし、ベーラーの安全装置の開発状況や安全な扱い方のヒアリングや要請を行っています。平成23年より経営革新委員会との合同会議とし安全に加え省エネ・省電力に関することも主な議題に加えています。

4 安全ポスター&リーフレット

全てのポスター・リーフレットは、タイトル・標語・デザインに至るまで安全防災委員会にて考案し、全原連ベース(全国)で実施しています。各ポスターの発行月は下記の通りです。(安全防災員会では、春季・秋季のものをリーフレットと呼称)
  4月:年間作業安全ポスター、春季作業安全リーフレット
  10月:秋季作業安全リーフレット
  11月:防火ポスター

5 安全手帳

2008年に全原連加盟企業2,000ヤードに、各10冊ずつ配布いたしました「安全手帳」の内容を見直し、安全セミナーにて集めた「ヒヤリ・ハット体験集」を加えた新たな「安全手帳」を作成致しました。(1冊200円、詳細は右側のリンク「安全手帳」をご参考になさってください)

6 リフト講習

毎年11月頃に、リフトメーカー各社が行っている無料講習の案内窓口になり、講習申込の取りまとめや調整などを行い、受講しやすくしています。

_