_
ホーム > 安全防災委員会 > 安全報告書 > 川口紙工機械株式会社
安全防災委員会
川口紙工機械株式会社の安全報告書2010

 当社ではベーラーの人身事故を防止するため従来から色々の安全対策を講じておりますが、事故は減るどころか近年逆に増える傾向にあります。
 運転の基本を守って頂ければ防ぐことが出来た事故も多く見受けられます。
 しかしながら、痛ましい事故の報を聞くにつけメーカとして何か出来ることは無いのか、又複数のお客様から安全対策についての検討依頼を頂きました。
 この様な状況の基、当社といたしましてはコンベヤーからの転落事故防止の為の対策を検討いたしてまいりました。
 近隣のお客様の御協力を頂き実験、テストを行い実用化の目途がつきましたので、関東製紙原料直納商工組合様のスペースをお借りし、御提案させて頂きます。

ベーラーの安全装置の御紹介

1.装置の考え方

 1)
コンベヤー上の人物を検出し、機械を停止させる。
 2)
部外者が機械を運転出来ないようにする。
 3)
既に稼動している機械にも短時間で取り付けることが出来るシンプルな構造である事。
 4)
運転が簡単で煩わしい操作を出来るだけ避ける。
 5)
電波の使用に対して、許可、申請等の必要の無い物とする。
 6)
出来るだけ低コストで装着可能なものとする。

2.装置の概要

 1)
作業者全員にIDタグを身に付けて頂き、このタグが発信する信号をコンベヤー上方に設けたアンテナで受信した場合、機械を非常停止させると共にシグナルタワーの赤色を点滅させ、断続の警報音を鳴らします。IDタグはシステムの確実性を高めるため各人2個装着していただきます。
 2)
上記装置が作動した場合原因を確かめた上でリセットボタンを3秒以上押すことで解除します。
 3)
操作盤上に設けた別のアンテナにより1.5m程度以内のタグを検知しないと機械の起動が出来なくし、タグを持たない者によりベーラーの起動が出来ないようにします。
 4)
万一安全装置に不具合が生じ機械の運転が出来なくなる事を防ぐため、安全装置のキャンセルキーを設けています、このキーは管理者が厳重に管理していただきます。このキャンセル機能が働いている場合はシグナルタワーの赤を点灯させます。
 5)
タグの作動を確認するため毎朝制御盤全員操作盤の前に立って頂き動作確認をしていただきます、正常に動作している場合はシグナルタワーに青を点灯させます。
 6)
電波使用に対する許可申請、届出等は一切不要です。

3.ベーラーの安全装置の使用に当り

 1)
当装置は100パーセントの確率を目指すものですが、実際の運用に当たっては想定外の事も起こりうる可能性があります、装置を過信してコンベヤー上での作業等危険な作業をする事は絶対に止めて頂、従来に増して安全に努めて頂く事が必要と考えます。
 2)
安全装置は作業効率を良くする物では有りません、逆に多少なりとも煩わしさを伴うものと思います、安全に勝る物は何もなしの考えを作業者の方に理解をしていただく事が必要と思われます。
 3)
使用しているIDタグからは微弱な電波を出しています、場合によっては人体への影響を心配されますが、出力は数十ナノワット程度です、これは携帯電話の約10万分の1の微弱なもので身に着けて頂いても安心です。
 4)
実際の御採用時には、今回御紹介の物とは変更する場合があります。

川口紙工機械株式会社
コンベヤーへのアンテナ取り付け状態
川口紙工機械株式会社
アンテナ取り付け詳細
川口紙工機械株式会社
RFIDタグ
 川口紙工機械株式会社
 http://www.k-sikou.co.jp/
_